きょうの動意株

カプコンは「モンスターハンター」350万本突破で下値買い妙味

9697 カプコン 株価チャート

 カプコン(9697)は、23円安の1657円と3日続落している。前日8日に昨年10月に発売したプレイステーション・ポータブル(PSP)向けゲームソフト「モンスターハンター2ndGベスト版」が100万本を突破、シリーズ全体の販売累計でPSP向けとして初めて350万本を記録したと発表したが、市場は反応薄で下値を試す展開が続いている。同社株は、今年3月、6月とゲームソフト「バイオハザード」の世界販売本数が400万本、500万本を突破したと相次いで発表し、株価が急伸したが、今回は地合の悪化もあり5日移動平均線が上値を押さえている。ただ、「モンスターハンター」では、8月1日に最新作「3(トライ)」の発売を予定していることから、今3月期業績の上ぶれ推移思惑がある。同社の今期業績は、主力タイトルの相次ぐヒットで連続増収増益と予想され、純利益は85億円(前期比5%増)としたが、市場予想を下回るとして株価反応は限定的にとどまっていた。PER13倍台と割安感もあるほか、1650円処は下値支持線として意識されており、リバウンド狙いで下値買い妙味大。

記事中の会社を詳しく見る

カプコン (9697)

ページトップ