きょうの動意株

クリエイトSDはモミ合い、連続増益・増配も上値の重たさを嫌気

3148 クリエイトSDホールディングス 株価チャート

 クリエイトSDホールディングス(3148)は、24円安の1837円と4営業日ぶりに反落している。前日13日に5月期決算を発表、前期が再上場時予想を上ぶれて着地し、今期も連続の増益と増配を予想を好感し、12円高の1873円と高寄りしたが、上値の重たさを嫌気し利益確定売りに下げに転じ、モミ合いとなっている。同社の前期業績は、前々期の単独業績に比べて9%増収、6%経常増益、5%純益増益となった。神奈川県を地盤とするドラッグストアチェーンとして、ドラッグストアを32店舗、調剤薬局をドラッグスタア併設で7店舗(閉店1店舗)新規出店したほか、月6回のポイント2倍デーや、生活必需品約600品目で期間限定で大幅値下げする家計応援大特価セールを実施したことなどが好採算のプライベートブランド商品の販売比率も高まって実質連続最高好業績の好決算につながった。今期業績も、引き続き新規出店を積極化させ、調剤薬局部門では訪問服薬事業を拡大して競争力・収益性を向上さえ増収増益を予想、純利益は45億7000万円(前期比1%増)と見込んでいる。配当は、前期の40円(前々期実績32円)に続き45円に増配を予定している。株価は、持ち株会社化後に再上場された3月の寄り付き高値1840円からいったんは1320円まで反動安したものの、下げ過ぎ訂正に売り方の買い戻しも交錯して1944円高値まで急反発、高値モミ合いを続けている。PER9倍台と割安感はあり、25日移動平均線で下げ止まり、切り返すかが見所となろう。

記事中の会社を詳しく見る

クリSDH (3148)

ページトップ