きょうの動意株

島忠は続伸、3Qの減収益業績も高進捗を好感し見直し買い入る

8184 島忠 株価チャート

 島忠(8184)は、19円高の1890円と続伸している。前日14日に発表した今8月期第3四半期(3Q)決算が、減収減益で着地したが、下方修正された8月通期業績に対して高進捗となったことで見直し買いが入っている。同社の3Q業績は、前年同期比0.3%減収、24%経常減益、43%純益減益と落ち込み、利益水準そのものは、今年4月に下方修正された8月通期業績に対して90%の進捗率と目安の75%を上回った。消費者の購買意欲が低下し買い控えが広がるなか、耐久消費財の家具を中心に販売低迷が続いており、レジャー用品の自転車、ペット関連商品、DIY商品の塗料、金物水道・作業用品、園芸用品は堅調に推移したものの及ばず減益が続いた。8月通期業績は4月の減額値を据え置き、純利益は63億3800万円(前期比41%減)と連続減益を見込んでいる。株価は、4月の業績減額で1640円安値まで下ぶれ悪材料織り込み済みとして売り方の買い戻し主導で2125円までリバウンド。前日1824円まで下押しし下値を確認したが、上値には戻り待ちの売りが控えており、25日移動平均線を上値として小幅モミ合いとなることを予想する。

記事中の会社を詳しく見る

島忠 (8184)

ページトップ