きょうの動意株

ソニーは戻り続く、下げ幅の3分の1戻し水準に接近

6758 ソニー 株価チャート

 ソニー(6758)が、30円高の2315円と続伸、65円高の2350円まであった。13日には2145円まで下げ、6月8日につけた年初来高値2800円からの下落率は23%(下げ幅は655円)。「短期間に大きく下げたことで自律反発の動き。まず、下げ幅の3分の1戻しの2363円水準を抜いてくるかどうかが注目。同社株の高値が6月8日と、日経平均の6月12日より若干早く、日経平均に対し先行性のあることから、今後、同社株がどのあたりまで戻すかによって全体相場の展開も変わってくる」(中堅証券)との見方だ。むろん、グローバル企業だけに、世界景気の動向を映したNYダウの動きにも左右される。4月半ば以降、7月2日まで2500~2800円の大きなモミ合いを演じていた。このモミ合いを下放れているため、上値にはかなりのシコリが予想される。

記事中の会社を詳しく見る

ソニー (6758)

ページトップ