きょうの動意株

冬季節のオーストラリアでの患者増加でダイワボウが小高い

3107 ダイワボウホールディングス 株価チャート

 新型ウイルス関連のダイワボウ(3107)は、3円高の334円と小高い動き。6円高の337円まで買われている。最近はジグザグを繰り返しながら下値を切り上げている。今が冬場のオーストラリアで新型ウイルス患者が増加、死亡者も出ていると伝えられる。日本でも重病者は出ていないものの患者数は目立って増えているという。「日本の今年の冬は、間違いなく危険。今の程度で軽症なら問題ないが、ウイルスが変異して強力になったら恐ろしい。『麦わら帽子は冬に買え』と言われるが、風邪ウイルス関連は夏場に買っておくのも一法」(中堅証券)。05年の大相場の時は12月が高値、08年の比較的大きい相場の時も12月が高値だったことを考えれば、これから「5ヶ月の先買い」は、成果の大きい投資法ではある。

記事中の会社を詳しく見る

ダイワボウ (3107)

ページトップ