きょうの動意株

ケンコーマヨは高値肉薄、業績上方修正で増益転換幅を拡大

2915 ケンコーマヨネーズ 株価チャート

 ケンコーマヨネーズ(2915・JQ)は、20円高の372円と急伸し、2月18日につけた年初来高値381円に肉薄している。前日12日に今3月期第1四半期(1Q)決算の開示と同時に、第2四半期(2Q)累計・3月通期業績の上方修正を発表、増益転換幅を拡大することがディフェンシブ関連の割安株買いを誘発している。上方修正のうち3月通期業績は、売り上げを期初予想の据え置きとしたが、経常利益を3億円、純利益を8000万円それぞれ引き上げ、純利益は5億3000万円(前期比76%増)と伸びる。原料価格下落に伴う販売価格の値下げで売り上げは期初予想通りとしたが、利益は、製造コストの低減や経費削減を進めたことが寄与して上方修正につながった。通期業績の上方修正幅は、国内景気の先行き不透明感や原油・穀物価格などのリスク要因に予断を許さないとして2Qの増額幅より縮小させている。株価は、やや値付き難のなか前期業績の相次ぐ下方修正が響いて300円台での小動きを続けている。PERは8倍台、PBRは0.8倍台と大きく割り負けており、大きく底上げに進もう。

記事中の会社を詳しく見る

ケンコマヨ (2915)

ページトップ