きょうの動意株

キリンHDは小幅4日続落、好材料に食傷気味でふるい落としも

2503 キリンホールディングス 株価チャート

 キリンホールディングス(2503)は、1円安の1384円と小幅ながら4日続落。寄り付き6円高の1391円にとどまり戻りが鈍い。7月13日に大きく窓を空けて1400円台に乗せ、それ以降、現在まで1400円を挟んだモミ合いが続いている。この間、8月7日に1443円の年初来高値をつけたが、上放れにはつながらなかった。シエア拡大、サントリーとの統合話など好材料が続いた。しかし、「株価はやや材料に食傷気味。先高期待が強すぎて、多くの投資家が買いついている状態で、このあたりでふるい落としがあったほうがよい」(中堅証券チャーチスト)。今12月期は営業利益が今年5月8日時点予想の1210億円を上回り1250億円となる。ただ、前期比では14.4%減益。一部では増益も期待されていただけに、短期筋には期待外れだったようだ。夏場の天候不順も気になるところ。仮に、1370円台にある30日線を切ると、1250円どころの下値のフシまで下げる可能性がある。

記事中の会社を詳しく見る

キリンHD (2503)

ページトップ