きょうの動意株

東邦金属がストップ高、北浜オールドファンの買いをハヤす

5781 東邦金属 株価チャート

 東邦金属(5781・大2)が、30円ストップ高の112円と急伸、年初来高値を更新している。これまでの高値は6月16日の102円。それ以降、ほとんど無相場状態だったが、今朝はいきなりの急伸で、相場で言うところの『夜放れ』となった。直近で新しい材料が出た動きは見当たらない。モリブデン、タングステンなど希少金属の加工を得意としていることで、日本の物つくりを支える優秀企業としての見直しがあるようだ。また、前期に9億6800万円の営業赤字に陥ったが、今3月期は300万円と黒字転換する。「黒字幅は僅かでも、前期の大赤字から見れば変化率は大きい」(関西の中堅証券)。同社株は、以前より、全体相場が買われた後に動く習性があり、「出遅れ感からオールドファンが注目している可能性がある」(同)。北浜で人気となる背景に、かつて北浜に大井証券があった頃、同じビルに入っていたことで、相場師といわれた大井治氏が同社株をよく手がけたことがあるようだ。

記事中の会社を詳しく見る

東邦金 (5781)

ページトップ