きょうの動意株

MORESCOは3連騰、社名変更先取り増額業績を買い直す

5018 MORESCO 株価チャート

 MORESCO(松村石油研究所、5018・東2)は、5円高の408円と3日続伸している。9月1日に社名を「松村石油研究所」から商品ブランド名、上場企業名の「MORSCO」に変更するタイミングで、今年7月の今2月期業績の上方修正、増益転換を見直し割り負け訂正買いが再燃しており、介護関連、リチウムイオン電池関連の材料を内包することも意識されている。同社の業績は、原油高や自動車産業などの生産調整や設備投資抑制が響き前期は下方修正が続き、今期も期初に連続2ケタ減益と予想された。しかし、今期第1四半期決算発表時の7月に上方修正され、第2四半期累計利益は赤字予想が黒字転換するとともに、2月通期業績も減益率を縮小、純利益は期初予想の1億2000万円を1億9000万円(前期比2%増)に引き上げ増益転換する。大人用おむつ向けなどのホルメット接着剤やリチウムイオン電池のセパレーター向けなどの流動パラフィンが期初計画より上ぶれ、花野(兵庫県神戸市)からの離型剤事業譲り受け、原材料価格低下、経費削減なども加わり上方修正につながった。株価は、前期業績の再々下方修正で東証2部上場来安値252円まで売られ、花野との製造委託契約で底上げ、7月の今期業績増額で上値を伸ばした。PER16倍台、PBR0.6倍の割り負け修正を試そう。

記事中の会社を詳しく見る

モレスコ (5018)

ページトップ