きょうの動意株

トヨタの下げきつい、信用買残少なく「個人」の痛手は軽微

7203 トヨタ自動車 株価チャート

 トヨタ自動車(7203)が、60円安の3860円と続落、80円安の3840円まであり下げがきつくなっている。去る7月31日以降、終値ベースで4000円前後の下値をキープする動きを続けていた。それが、2日(水)に窓開けして下放れたことでモミ合い放れの「崩れ足」となった。「今度の高値圏での相場は、外国人や国内機関投資家などのプロ中心の相場だった。信用買い残の膨張はなく、むしろ減少するなど、個人投資家はほとんど買いついていなかった。個人は3500円前後へ突っ込みがあれば好買い場だろう」(中堅証券)。去る7月29日から翌30日に3830~3910円の窓開けをやっており、今朝の下げが、窓埋め直前の3840円で止まっていることを見ても、言われるようなプロ中心の相場ということだろう。

記事中の会社を詳しく見る

トヨタ (7203)

ページトップ