きょうの動意株

不二油は反発、1Q好決算を見直し割安株買い妙味

2607 不二製油グループ本社 株価チャート

 不二製油(2607)は、6円高の1290円と3日ぶりに反発している。9月1日に年初来高値1335円をまで買い進まれ、利益確定売りが続いていたが、8月6日に発表した今3月期第1四半期(1Q)の好決算は、前期と同様の業績上ぶれ修正への起爆剤となる可能性があり、下値は割安株買い妙味が膨らみ切り返す動きとなっている。同社の1Q業績は、前年同期比12%減収、34%経常増益、15%純益増益で着地し、期初予想の第2四半期(2Q)累計業績に対する利益進捗率は、80ー79%と目安の50%を大きく上回った。油脂部門ではスペシャリティ製品、製菓・製パン素材部門ではアイスクリーム用チョコレートなどの業務用チョコレートが順調に推移し、コスト削減や原材料価格に応じた販売価格の見直しを続けたことなどが要因となった。2Q・3月通期業績は期初予想を据え置き、通期純利益は、外国子会社の配当金不算入制度導入による繰延税金負債の一部取り崩しが一巡し66億円(前期比11%減)と前期の過去最高からの減益転換を見込んでいる。株価は、今年5月に今期業績を純益減益と予想、純利益は市場予想を下回ったが、同時発表の年間18円への連続増配や中期経営計画の数値目標の上方修正をポジティブに評価して下値を切り上げ、300円幅の水準訂正となった。3回も上方修正された前期業績並みの業績上ぶれ思惑を高め、PER16倍台の割安修正が続こう。

記事中の会社を詳しく見る

不二製油G (2607)

ページトップ