きょうの動意株

フリービットは反落、前日「増収」を買い、今日は「減益」を売る

3843 フリービット 株価チャート

 フリービット(3843)は続落、10万円安の49万円まで下げている。前日7日に発表した今4月期第1四半期(1Q)決算で、利益は2ケタ減益で着地したものの、売り上げが2ケタ増収となったことをテコに割安修正買い再燃となっていた。同社の1Q業績は、前年同期比18%増収、39%経常減益、40%純益減益。売り上げは、株式公開買い付けにより前期末に連結子会社化したメディアエクスチェンジやギガプライズ分が上乗せとなって、ハイジングサービス、レンタルサーバーサービス、インターネット接続サービスの取引高が増加、利益は2社の連結子会社化で事業原価が追加され、ネットワーク費用や光熱水道費、通信設備費、業務委託費などが増加したことで減益となった。ただ1Q業績は、おおむね想定通りに推移しているとして2Q・4月通期業績は期初予想に変更はなく、通期純利益は20億円(前期比19%増)と連続の過去最高更新を見込んでいる。株価は、今期業績の続伸を見込んだものの市場予想を下回ったことが響き、年初来高値71万3000円(6月1日)から48万2000円まで調整、2分の1戻し水準まで持ち直していた。なおPERは13倍台と割り負けており、リバウンド幅拡大が想定される。

記事中の会社を詳しく見る

フリーB (3843)

ページトップ