きょうの動意株

イハラケミは4連騰、3Q2ケタ増益決算で割安株買い膨らむ

 イハラケミカル工業(4989)は、7円高の372円と4営業日続伸している。前日8日に今10月期第3四半期(3Q)決算を発表、2ケタ増益で着地したことを手掛かりに農業関連の割安株買いが増勢となっている。同社の3Q業績は、前年同期比11%減収、16%経常増益、19%純益増益となった。引き続き新製品の上市に向けた生産設備体制などの強化を図る一方、生産品目と設備の見直し、効率的な生産、改善でコストダウンを進めたことなどが要因となった。なお「棚卸資産の評価に関する会計基準」を今期から適用し、評価損1億1900万円を計上したことなどから、10月通期業績に対する2Q利益進捗率はやや低水準にとどまった。10月通期業績は期初予想を据え置き、純利益は8億円(前期比11%増)と見込んでいる。株価は、農業関連人気に今期第2四半期累計業績の上方修正が重なり、393円まで急伸したあと300円台央での中段もみ合いを続けている。PER評価では割安感は少ないが、PBRでは0.5倍と割り負けており、高値抜けに再挑戦しよう。

ページトップ