きょうの動意株

新規上場のシーボンは公開価格を上回り堅調

4926 シーボン 株価チャート

 シーボン(4926・JQ)が、ジャスダック証券取引所に新規上場された。7月17日のクックパッド(2193・M)以来の約2カ月ぶりのIPO(新規株式公開)再開の第1号で、公開価格は1860円、公開株式数は公募増資がなく売り出しのみの106万800株となっている。寄り付きは公開価格を30円下回る1830円で、9時30分現在、公開価格を150円上回る2010円まで上昇、1900円台半ばで堅調に推移している。資金吸収額は19億円強とやや大きいが、公開価格のPERは12倍台と割安で、6-7月のIPO株に公開後に好パフォーマンスを示したケースが多かったことを連想して買い先行となっている。同社は、スキンケア製品を中心とする化粧品・医薬部外品の製造・販売会社で、自社工場で製造した製品を直営店舗98店で販売している。昨年10月に新規顧客への接客販売を専門とする美容社員を配置するカウンセラー制度を導入するとともに、今年1月には美容社員の教育を行うアフターリーダー制度も開始して、顧客満足度を向上させ、来店促進、販売促進を図っている。今3月期業績は、売り上げ146億5400万円(前期比2%増)、経常利益12億7300万円(同2%増)、純利益6億4600万円(同21%増)、1株利益152.2円と予想している。

記事中の会社を詳しく見る

シーボン (4926)

ページトップ