きょうの動意株

日産自は続落で約2ヶ月ぶり600円を割る、気になる信用買残

7201 日産自動車 株価チャート

 日産自動車(7201)が続落、23円安の592円と大台を割っている。600円台割れは7月23日以来、ほぼ2ヶ月ぶり。特に悪材料が出たわけではない。同社株が高値をつけたのは8月4日と、同業のトヨタ自動車(7203)、ホンダ(7267)などより早かった。これを巡って、「コード番号の01番を持つ同社株は、やはり、自動車株の指標的存在。今回の調整を、早い天井打ちで示唆していた」(中堅証券チャーチスト)。新政権による、「エコ減税が継続となるかどうかも不透明。仮に、継続がないなら買い替え需要の息切れは予想される」(同)。今度のハイブリット車人気に乗り遅れたこともある。気になるのは、このところの信用買い残の膨張。戻りを期待して8月以降、買いが膨らんでいた。今後、580円台にある26週線を株価が切ってくるようだと、信用買いの処分売りにつながることも予想される。

記事中の会社を詳しく見る

日産自 (7201)

ページトップ