きょうの動意株

幸楽苑は業績上方修正でディフェンシブ株買い再燃し反発

7554 幸楽苑ホールディングス 株価チャート

 幸楽苑(7554)は、50円高の1205円と3営業日ぶりに反発し、今年5月につけた年初来安値1098円水準から出直る動きも強めている。前日14日に今3月期第2四半期(2Q)累計・3月通期業績の上方修正を発表、ディフェンシブ株人気を高めている。業績修正のうち3月通期業績は、期初予想より売り上げを4億9500万円、経常利益を3億600万円、純利益を2億2300万円それぞれ引き上げ、純利益は8億2300万円(前期比58%増)と増益率を拡大する。2Q業績が、調理資格制度導入や地域・店舗特性に応じた販売促進・メニュー導入などで8月累計の既存店売り上げが前年同月比プラスに転じ、主要食材のチャーハンの内製化、小麦粉などの原材料仕入れ価格が低下したことが加わって上ぶれ、第3四半期以降も当初計画を必達させるとして上方修正した。株価は、業績そのものは安定的に推移しているものの、ディフェンシブ関連株の人気薄から1000円台下位での小動きが続いた。投資採算的にはとくに割安感はないが、円高、全般相場調整の環境下、内需株買いで一段の戻りを試そう。

記事中の会社を詳しく見る

幸楽苑HD (7554)

ページトップ