きょうの動意株

みずほFGはモミ合う、「200円回復できるか見所」との指摘も

8411 みずほフィナンシャルグループ 株価チャート

 前週戻し歩調だったみずほフィナンシャルグループ(8411)は1円安の186円と軟調。前週は週足終値ベースで6週間ぶりに高くなっていた。特に、9月28日には170円まで下げ年初来安値166円(3月)に接近となっていたことで値ごろ感からの買いが入ったようだ。亀井金融担当大臣の債務返済猶予発言があって以降、同社株に限らず銀行株全体の動きは冴えない。ただ、その中で、「メガバンクのひとつの同社株が200円の水準を割ること自体、マーケットからのなんらかの懸念信号だろう」との見方もある。1株当り純資産は104.4円と見劣りする。「今年夏に増資を行っているが、また資金調達が必要になってくる可能性がある」との観測もある。今後、200円を回復してくるかどうか、見所となりそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

みずほFG (8411)

ページトップ