きょうの動意株

Vテクは業績上方修正を追撃材料に液晶関連人気高め続伸

7717 ブイ・テクノロジー 株価チャート

 ブイ・テクノロジー(Vテク、7717・M)は、2万2000円高の68万円と続伸している。前日21日に発表した今3月期第2四半期(2Q)累計・3月通期業績の上方修正が、今期第1四半期の好決算や10月13日の液晶露光装置・検査装置の大型受注などに続く好材料として液晶関連人気を増幅させている。業績修正のうち3月通期業績は、期初予想より売り上げを20億円、経常利益を7億円、純利益を4億円それぞれ引き上げ、純利益は12億円(前期比2.0倍)と増益率を拡大して、2006年3月期の過去最高にあと5100万円と迫る。13日の総額50億円の受注のうち今期に10億円が売り上げに計上されるほか、韓国、台湾向けの計測装置や部品販売が増加する増収効果に海外生産による製造原価の低減、外注費用ダウン、経費抑制などが加わり上方修正につながった。株価は、今期業績の大幅増益予想に相次ぐ大型受注が上乗せになって年初来高値72万3000円まで倍化し、1Q好決算では材料出筑尽くしとして利益確定売りに押されたが、13日の大口受注で出直っている。投資採算的には割安感は乏しいが、小型株特性を発揮して高値再トライに弾みをつけよう。

記事中の会社を詳しく見る

Vテクノ (7717)

ページトップ