きょうの動意株

日立は業績上方修正で赤字幅を縮小し続伸

6501 日立製作所 株価チャート

 日立製作所(6501)は、12円高の311円と続伸している。前日26日に10月29日予定の決算発表に先立って、今3月期第2四半期(2Q)累計・3月通期業績を上方修正、期初予想の赤字幅が縮小することを手掛かりに下げ過ぎ訂正買いが増勢となっている。業績修正のうち3月通期業績は、売り上げを期初予想より2000億円引き下げたが、税引前純利益を800億円、純利益を400億円各引き上げ、純利益は2300億円の赤字(前期は7873億3700万円の赤字)と赤字幅を縮める。先進国の景気回復遅れや設備投資抑制が続いているが、各国の景気刺激策効果や中国、新興国の景気回復が寄与、全社的な固定費削減や資材費提言活動、デジタルメディア・民生機器部門、自動車機器事業の構造改革、社会イノベーション事業のプロジェクト案件の収益性改善などが加わり上方修正につながった。株価は、前期業績の相次ぐ下方修正、大幅赤字転落が響いて200円台の底もみが続き、日立マクセルなど子会社を株式公開買い付けを実施したことなどをテコに1株純資産306円水準まで底上げした。リバウンド幅拡大が見込まれる。

記事中の会社を詳しく見る

日立 (6501)

ページトップ