きょうの動意株

三桜工は反落、2Q上ぶれ決算発表で高変化率も反応薄

6584 三桜工業 株価チャート

 三桜工業(6584)は、14円安の572円と反落している。前日28日に今3月期第2半期(2Q)累計決算を発表、今年9月の再上方修正通値をやや上ぶれて減益率を縮小したが、米国株が大幅反落で全般地合いの悪化から好材料に反応薄となっている。同社の2Q業績は、前年同期比32%減収、47%経常減益、51%純益減益となった。自動車業界で在庫調整の一巡やエコカー減税、補助金制度導入などの政策効果で販売台数が下げ止まり、同社の自動車・輸送機器用配管製品や自動車用樹脂製品の需要が持ち直したことが、期初の赤字転落予想からの黒字転換につながった。3月通期業績は、9月の再上方修正値に変更はなく、純利益は15億円(前期比5.5倍)とV字回復を見込んでいる。株価は、7月の業績増額、8月の年間16円(前期実績12円)への増配、9月の再増額と好材料が続き2段上げ、年初来高値644円まで4割高し、高値もみ合いとなっている。再度、PER13倍台、PBR0.6倍の割安感があり、550円前後の下値圏は押し目買い妙味が膨らもう。

記事中の会社を詳しく見る

三桜工 (6584)

ページトップ