きょうの動意株

新光電は一転した業績下方修正に失望売りが殺到しストップ安

6967 新光電気工業 株価チャート

 新光電気工業(6967)は、200円安の1230円ストップ安と3日大幅続落している。前日28日に今3月期第2半期(2Q)累計決算とともの、今年7月に上方修正した今期業績の一転した下方修正を発表、失望感が働き売り物殺到となっている。業績下方修正のうち3月通期業績は、7月増額値より売り上げを28億円、経常利益を38億円、純利益を22億円それぞれ引き下げ、純利益は17億円(前期は60億4200万円の赤字)と黒字転換幅を縮小する。半導体市場は、極端な在庫・生産調整から脱しつつあり、同社の受注も、海外向けを中心にして回復傾向を示したが、2Q期末にかけて円高・ドル安が加速し、今後も円高基調が続くとして下方修正した。株価は、7月の業績増額で窓を開けて1924円まで600円高、3分の2押しの調整安値からは今度は米インテルの好決算の波及を期待して持ち直した。再度の下値確認が見込まれる。

記事中の会社を詳しく見る

新光電工 (6967)

ページトップ