きょうの動意株

シャープが反発、住友金属鉱山高の刺激を受けて出直りの様相

6753 シャープ 株価チャート

 住友金属鉱山高からシャープ(6753)が、16円高の984円と反発、22円高の990円まであった。去る、10月20日に30日線を切って、売り転換(転換値1019円)となって以降、上値を切り下げる動き。6日(金)にも1002円まで戻したものの終値では30日線を抜くことができなかった。今日は、「比較的一緒に動くことの多い住友金属鉱山が買われていることから人気が波及している。住友金属鉱山は“ゴールド(金)”、シャープは“太陽光”ということで、両銘柄とも暗闇に光を放つ威力がある。沈滞相場を引っ張るにはぴったり」(中堅証券)。同社の10年3月期は営業利益500億円(09年3月期554億円強の赤字)と急回復する。太陽光発電による買取制度もあり、今後、家庭での太陽光発電は普及が本格化する見通しだ。終値が995円以上なら30日線を抜いて買い転換となる。

記事中の会社を詳しく見る

シャープ (6753)

ページトップ