きょうの動意株

ソニーは4日続落だが中期有望、業績回復で「ソニー人気復活」も

6758 ソニー 株価チャート

 ソニー(6758)は、50円安の2500円と4日続落となっている。去る10月30日に年初来高値2830円をつけたが、この時のチャートの形の良くなかったことが嫌気されている。その足どりとは、窓開けとなった上に長い上ヒゲの典型的な天井打ちの形。8月10日にも同じような形が出て2800円どころから2400円まで下げた経緯がある。もっとも、週足でこうした動きとなれば、長期にわたって調整が予想される。しかし、今回は日足であり、調整は短期で終るものと予想される。むしろ、同社の注目点は大幅な固定費削減による業績の向上期待がある。10年3月期の営業損益は赤字が続くものの600億円と前期の赤字2277億円に比べると大幅に縮小。さらに、11年3月期については営業利益1700億円と大幅な黒字転換が見込まれる。少し長い目でみれば「ソニー株人気復活」が大いに期待できそうだ。中期投資ならこの調整場面は狙い場だろう。

記事中の会社を詳しく見る

ソニー (6758)

ページトップ