きょうの動意株

中北製は3連騰、好配当利回り買いを原発関連人気が支援

6496 中北製作所 株価チャート

 中北製作所(6496・大2)は、6円高の626円と3営業日続伸している。今5月期第2四半期(2Q)の期末11月接近で好配当利回り買いが増勢となっており、原発関連人気も底流し割安修正期待も支援している。同社の配当は、年間30円を安定継続しており、このうち2Q期末は15円を予定、5・11月決算会社の配当利回りランキングでは上位にランクされている。安定配当継続の前提となる今期業績も、順調に推移している。期初に今5月期業績は、減収減益転換と予想されたが、10月に開示された第1四半期決算は増収増益をキープ、利益は、2Q予想業績に対して65-66%の進捗率と目安の50%を上回った。造船市況の最近の低迷で受注高は落ち込んだが、陸上部門でガイスタービン用バルブや原子力発電プラント関連の受注活動を積極化、残業時間短縮などの固定費削減、生産効率化などを進め、前期計上の投資有価証券評価損も一巡したことなどが要因となった。2Q・5月通期業績は期初予想に変更はなく、通期純利益は12億7000万円(前期比16%減)と減益転換を見込んでいる。株価は、原発向け専用ライン年内稼働が伝えられたことから、734円まで上ぶれたものの、600円台央での小動き継続となっている。配当利回りは4.8%、PERは9倍台、PBRは0.6倍と割安であり、下値買いで報われそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

中北製 (6496)

ページトップ