きょうの動意株

日写印は東芝子会社の工場賃貸でMSCI思惑強めて続伸

7915 NISSHA 株価チャート

 日本写真印刷(7915)は、130円高の4570円と続伸している。前週末20日に東芝の子会社・東芝モバイルディスプレイ(TDM、埼玉県深谷市)、ティー・エフ・ピー・ディー(TFPD、兵庫県姫路市)と土地・建物賃貸借契約について基本合意したと発表、米マイクロソフトの基本ソフト「ウインドウズ7」関連特需やMSCI(モルガンスタンレー・キャピタル・インターナショナル)指数への新規採用関連思惑を強め買い増勢となっている。賃貸借契約は、TFPDが今年12月末に東芝、TDMの姫路工場内で中小型液晶パネルの生産を停止することから、生産停止後の土地・建物の活用することを目的にしている。日写印は、新会社を12月中旬に設立して静電容量方式などのタッチパネルの将来的な事業拡大に備えて、生産ラインを拡充する。追加投資額は約20億円、生産能力は月間400万台を予定している。株価は、タッチパネル機能付加の10月の「ウインドウズ7」発売で関連株買いを高めて4000円台を回復し、国際分散投資を行う機関投資家の運用のベンチマークとなっているMSCI指数に11月30日終値から新規に組み入れられることから需給好転思惑を強めて上値を伸ばした。追撃材料として押し上げ効果を発揮しよう。

記事中の会社を詳しく見る

ニッシャ (7915)

ページトップ