きょうの動意株

森精機は今期赤字幅拡大も公募価格800円を上回り続伸

6141 DMG森精機 株価チャート

 森精機製作所(6141)は、主力の大阪市場で前日の32円高に続いて、13円高の845円と買われている。振り返って見ると、9月24日の1122円を頭に下げに転じていた。春以降、上値の壁となっていた1140円どころを抜くことができなかったことがある。11月末には730円まで突っ込んだが、これは、11月20日に資金調達のため公募増資を発表したことも響いた。公募価格は800円で払い込みは12月9日。業績は不振。今3月期は営業損益で280億円の赤字見通しで、予想より赤字幅が80億円も拡大する。配当は年20円(前期年40円)へ減配。「今の株価のよりどころは、1株当り純資産が1117円と優秀でPBRが0.7倍と低いことと、先行き世界景気の回復期待。さらに、将来、業績が回復すれば自社株買いで希薄化する1株利益を高めることも期待される(中堅証券)。同社ほどの内容の会社が、増資を実施しなくてはいけないほど、異常な世界景気低迷。「異常は必ず修正される」ということでは、中長期の投資では報いられるだろう。

記事中の会社を詳しく見る

DMG森精 (6141)

ページトップ