きょうの動意株

ツルハHDは2Q業績が上ぶれ着地もモミ合い

3391 ツルハホールディングス 株価チャート

 ツルハホールディングス(3391)は、30円安の3270円と反落している。前日24日に今5月期第2四半期(2Q)累計決算を発表、期初予想を上ぶれ増収増益率を伸ばして着地したことを手掛かりに割安株買いが入り、寄付き50円高の3350円と買われた後、下げに転じモミ合いとなっている。同社の2Q業績は、前年同期比14%増収、24%経常増益、20%純益増益と伸び、利益は期初予想より13-6億円上ぶれた。44店舗を新規出店(閉店23店舗)したほか、5店舗展開の仁天堂、19店舗展開のサクラドラッグを子会社化するなど店舗網を拡充し、低価格志向に対応してチラシ内容を見直すなど販促を強化、営業時間を延長したことに加えて新型インフルエンザ予防関連商品に需要も拡大したことが上ぶれ着地につながった。5月通期業績は期初予想に変更はなく、純利益は63億8800万円(前期比5%増)と連続の過去最高更新を見込んでいる。株価は、今期第1四半期業績が2ケタ増収増益と好調に推移したことに反応して年初来高値3820円まで買い進まれほぼ往って来いの調整となった。PER12倍台と割安感はあるが、3400円前後に戻り待ちの売りが控え上値が重くなっており、日柄整理が続きそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

ツルハHD (3391)

ページトップ