きょうの動意株

象印は今期増益転換で低位値ごろ株人気膨らみ4連騰

7965 象印マホービン 株価チャート

 象印マホービン(7965・大2)は、2円高の174円と4営業日続伸している。前週末25日に11月期決算を発表、前期は12月16日の一転した下方修正通りに減収減益率を悪化させて着地したが、今期は増収増益転換を予想したことから低位値ごろ株人気を膨らませ買い物が集まっている。同社の前期業績は、前々期比5%減収、52%経常減益、72%純益増益となった。炊飯器、ステンレスマグボトルなどで新製品を発売、ラインアップを充実させたが、国内売り上げの減少や円高換算で海外子会社の売り上げ目減りが続いたことが響き、経常利益は、急速な円高で為替予約・外貨建債権に評価損が発生し大きく落ち込み、純利益は、前期計上の製品のリコール損失が一巡し大幅増益転換した。今期は、新商品の開発スピードの向上や国内市場、アジアなど海外市場の営業体制を強化して増収増益転換を予想、純利益は7億円(前期比20%増)と続伸を見込んでいる。株価は、今年3月に前期業績を下方修正して年初来安値134円に顔合わせ、6月に今度は上方修正して年初来高値255円までリバウンド、12月の下方修正では160円台で下値抵抗力を示した。一段の底上げを窺おう。

記事中の会社を詳しく見る

象印 (7965)

ページトップ