きょうの動意株

しまむらは5連騰、3Q好決算評価に売り方の買い戻しがオン

8227 しまむら 株価チャート

 しまむら(8227)は、220円高の8700円と5営業日続伸している。前日28日に発表した今2月期第3四半期(3Q)決算が、2ケタ増収増益と伸び2月通期業績対比の利益進捗率が高水準となったことを評価しデフレ関連の割安株買いが増勢となっており、売り方の買い戻しも交錯している。同社の3Q業績は、前年同期比4%増収、13%経常増益、14%純益増益と増益転換し、通期業績に対する利益進捗率は、目安の75%を上回る81ー83%に達した。主力のしまむら事業で、新規出店を28店舗と既存店7店舗の建て替え、28店舗の大規模改装を実施する積極的な店舗政策を継続するとともに、連結子会社を完全子会社化したことが上乗せとなり、商品政策では低価格・高機能訴求のストア・ブランドを中心にテレビCMなどの広告宣伝を強化し、集客増を図ったことなどが要因となった。2月通期業績は、消費動向の先行きが不透明として期初予想を据え置いたが、純利益は197億円(前期比3%増)と増益転換を予想している。株価は、第2四半期業績が期初予想を上ぶれて増益転換率を伸ばして着地したことに反応して年初来高値9200円まで買い進まれ、調整安値7550円からはデフレ関連思惑で1000円幅の水準訂正をした。PERは15倍台と割り負けており、売り方の買い戻しも加わり高値再トライも想定される。

記事中の会社を詳しく見る

しまむら (8227)

ページトップ