きょうの動意株

モリトは今期純利益のV字回復をテコに割安株買いが拡大し続伸

9837 モリト 株価チャート

 モリト(9837・大2)は、10円高の669円と続伸している。前日19日に11月期決算を発表、前期は今年1月15日の再上方修正通りに減収減益率を縮小して着地し、今期は増収増益転換を予想、純利益がV字回復することをテコに割安株買いが拡大している。同社の前期業績は、昨年4月に下方修正されたものを、一転して10月、今年1月と上方修正を続け、この再増額通りに前々期比19%減収、52%経常減益、80%純益減益と落ち込んだ。アパレル業界向けの服飾資材関連事業や自動車、デジタル家電向けの汎用資材関連事業が続落し、不動産・固定資産減損損失、投資有価証券評価損失を計上したことなどが要因となったが、期末にかけて自動車関連が最悪期を脱出、服飾資材も中国向けを中心に回復したことが減収減益率縮小につながった。今期業績は、服飾資材事業、産業資材関連事業とも厳しい状況が続くとしているが、コア商品・コア事業の強化、海外展開を進めて増収増益転換を予想、純利益は、特別損失一巡で5億円(前期比2.6倍)としている。株価は、昨年10月、今年1月の業績増額、期末配当の増配にもかかわらず減収減益率・減配幅の縮小にとどまるとして限定的な反応にとどまった。値付き難のなか改めてPER19倍台、PBR0.4倍の割安修正に動こう。

記事中の会社を詳しく見る

モリト (9837)

ページトップ