きょうの動意株

リゾートトラは業績増額に期末配当増配が相乗し反発

4681 リゾートトラスト 株価チャート

 リゾートトラスト(4681)は、43円高の1155円と6営業日ぶりに反発している。前週末12日に今3月期第3四半期(3Q)決算の開示と同時に、今期業績の上方修正と期末配当の増配を発表、下げ過ぎ訂正買いが再燃している。同社の今期業績は、昨年10月に期初予想より第2四半期累計業績を上方修正、3月通期売り上げのみ下方修正したが、同通期修正値を今度は上方修正した。売り上げを40億円、経常利益を36億円、純利益を6億円それぞれ引き上げたもので、純利益は40億円(前期比7.8倍)とV字回復を鮮明化する。会員権販売施策が奏効し、今年3月22日予定の「ウクシブ箱根離宮」が計画通りに開業を迎え不動産部分の売り上げが一括計上されることが要因となった。期末配当は業績増額に伴い、期初予想の15円を20円に引き上げ、年間35円(前期実績30円)に増配する。株価は、前期業績の再三の下方修正、減配から今期業績のV字回復予想で昨年来高値1266円まで買い進まれほぼ往って来いの1000円台下位を固めている。PER12倍台、PBR1倍割れ、配当利回り3.1%の下げ過ぎ訂正に弾みをつけよう。

記事中の会社を詳しく見る

リゾートト (4681)

ページトップ