きょうの動意株

アライドHDは高値更新、インターネットの第2ステージ迎え出番

6835 アライドテレシスホールディングス 株価チャート

 好決算のアライドテレシステホールディングス(6835・東2)が、12円高の79円と続伸、20円高の87円と買われ昨年来を更新した。これまでの高値は昨年5月の86円だったからほぼ9ヶ月ぶりの更新。この間、自社株買いを実施したことで売り物が薄くなっていたこともある。特に、前週末12日に決算を発表、今期の見通しが好調だったことを好感した。10年12月期は売上15.1%増の393億6000万円、営業利益は2.59倍の13億6000万円の見通し。配当は前期に5期間ぶりに年2円復配し今期も年2円は継続する。同社は世界21カ国でネット機器のシステム化をグローバル展開する。インターネットがこれまでのデータ中心のファストステージから、データ・音声・画像を同時に提供するセカンドステージを迎えていることで、同社の本格出番となっている。データ・音声・画像提供のベースとなっているのが、10数年をかけて開発投資してきた『IPトリプルプレイ』技術。当面は08年4月以来となる100円台回復が目安となろう。

記事中の会社を詳しく見る

アライドT (6835)

ページトップ