きょうの動意株

ゴールドパックは業績再上方修正でV字回復を鮮明化し反発

 ゴールドパック(2589・JQ)は、22円高の998円と反発している。前週末26日に昨年9月に続いて2010年1月期業績の2回目の上方修正を発表、V字回復を鮮明化したことを評価して超割安株買いが再燃している。同社の1月期業績は、売り上げを昨年9月の下方修正値よりさらに7億4300万円引き下げたが、逆に経常利益を同上方修正値より2億300万円、純利益を1億500万円それぞれ引き上げ、純利益は4億8500万円(前期比3.9倍)と増益転換率を高める。売り上げは個人消費低迷で再下方修正されたが、利益は、工場の主要動力燃料の重油価格低下で製造原価が低減、全社的なコスト削減を進めたことを上乗せとなった再増額につながった。株価は、昨年9月の業績増額で昨年来高値に迫る1206円まで200円高、往って来いの1000円台出没を続けている。PER6倍台、PBR0.2倍の超割安修正で高値奪回に再トライしよう。

ページトップ