きょうの動意株

ラクーンは3Q決算2ケタ増益も年計画に対して低進捗を嫌い反落

3031 ラクーン 株価チャート

 ラクーン(3031・M)は、9900円安の17万2000円と3営業日ぶりに反落している。前週末26日に発表した今4月期第3四半期(3Q)決算が、2ケタ増益で着地したが、営業利益の低進捗から売り優勢となっている。同社の3Q業績は、売上高が前年同期比7%増の56億5600万円、営業利益が同13%増の7600万円、経常利益が同13%増の7600万円、純利益が同61%増の7600万円となった。アパレル・雑貨市場でメーカーと小売店を仲介する電子商取引サイト「スーパーデリバリー」の会員小売店数が前期末比4019店舗、出店企業が10社各増加し、商材掲載数は3436点減少したが、昨年9月から本格稼働したポイント関連費用増加をポイント利用率向上などでカバーして増収増益につながった。4月通期業績は期初予想に変更はないが、営業利益の年計画に対する進捗率は66.0%と目安となる75%を下回った。株価は、16万円を下値、19万円を上値とする中段もみ合いが続いており、上値の重たさも嫌気され手仕舞い売りも誘った。ただ、PER15倍台と割高感はなく、17万円前後を下値とした小幅モミ合いが続くと想定する。

記事中の会社を詳しく見る

ラクーン (3031)

ページトップ