きょうの動意株

JQ新規上場の大光は公開価格を下回って推移

3160 大光 株価チャート

 大光(3160・JQ)が、ジャスダック証券取引所に新規上場された。今年のIPO(新規株式公開)の第3号で、公開価格は420円、公開株式数は207万株となっている。寄り付きは公開価格を5円下回る415円、高値は418円、9時20分現在、410円前後で推移している。業態が外食産業向けの食品商社と新規性は乏しいが、先行IPO2社が公開価格を大きく上回る初値をつけ、初値後は下値波乱となっていることを警戒している。ただ、同社の公開価格が予想PER9倍台と割安で、資金吸収額も8億円強と小規模にとどまることから見直し余地は広がりそうだ。同社は、東海地方を地盤に大手外食チェーンやホテル、レストランなどに業務用食品を卸売りする外食事業と、小規模外食業者や一般消費者に小売りをするアミタ事業を経営の2本柱としている。外商事業では本・支店など8営業拠点、アミカ事業では直営店舗30店舗を各展開、取扱商品は冷凍食品、調理冷凍食品、水産品、畜産品などを国内外の工場で製造委託し3つのプライベートブランドで販売している。今5月期業績は、売り上げ363億1900万円(前期比5%増)、経常利益4億2000万円(同27%増)、純利益2億2100万円(同2.3倍)、1株利益45.2円と予想している。

記事中の会社を詳しく見る

大光 (3160)

ページトップ