きょうの動意株

不二電機は連続減益予想業績を嫌い利益確定売りで反落

6654 不二電機工業 株価チャート

 不二電機工業(6654・東2)は、15円安の833円と反落している。前日11日に1月期決算を発表、前期は昨年9月の下方修正値を下ぶれて減収減益率を悪化させて着地し、今期も連続減益を予想したことが響き、鉄道関連人気は不発で利益確定売りが優勢となっている。同社の前期業績は、前々期比9%減収、28%経常減益、33%純益減益と落ち込んだ。国内の電力業界や電鉄・車両業界、海外の中国、インド、東南アジア、中近東向けに需要が堅調に推移したが、国内の一般産業向けの落ち込みが大きく、制御用開閉器、接続機器などが減少、人件費増加、棚卸資産評価損なども重なり下ぶれ着地した。今期は、電力業界向けや鉄道車両向けの販売増を進め、経費削減にも取り組むが、設備投資や個人消費などの内需関連に大きな期待が出来ないと連続減益を予想、純利益は2億4000万円(前期比3%減)と見込んでいる。株価は、昨年9月の前期業績減額にドバイ・ショックも重なって770円安値まで下ぶれたが、今年3月に国内で第3番目の工場を建設する積極策を見直し下落幅をカバーした。利益確定売りとPBR0.5倍の割安修正期待の下値買いが交錯するなかで下値再確認が続こう。

記事中の会社を詳しく見る

不二電機 (6654)

ページトップ