きょうの動意株

600円前にモミ合うカネカ、今期増額も太陽電池不振で様子見に

4118 カネカ 株価チャート

 600円に接近のカネカ(4118)が、3円安の577円と3日ぶりに小反落。一時、4円高の584円まであった。去る2月19日には507円まで下げ、09年4月以来の500円割れかと思われた。大台を維持したことで反発に転じている。1ヶ月前の2月8日に、10年3月期の利益を増額したことも見直されている。営業利益を40億円増額の170億円(09年3月期76億円強)、純益も15億円増額の75億円(09年3月期は18億円強の赤字)。1株利益は22.1円。一方、昨年は「太陽電池」関連で人気となって8月に720円の高値をつけていた。その太陽電池が欧州市場の不振から人気的に手がけ難くなっている。PERも27倍と、強弱感対立の目安ともされる30倍に接近している。瞬間、600円をつける場面はあっても、上ヒゲ足となることも予想される。

記事中の会社を詳しく見る

カネカ (4118)

ページトップ