きょうの動意株

山下医科は3Q増益転換だが利益進捗率が低く消化難

3022 山下医科器械 株価チャート

 山下医科器械(3022)は前日比変わらずの1263円で始まったあと一進一退で様子見野動き。31日に発表した今5月期第3四半期(3Q)決算が、増益転換して着地したものの、通期業績対比の利益進捗率が低水準にとどまったことを嫌い利益確定売りが先行している。同社の3Q業績は、前年同期比7%増収、10%経常増益、10%純益増益と回復したが、期初予想の通期業績に対して利益は、41-36%と目安の75%を大きく未達となった。医療機器部門で一般機器分野の理化学検査機器や眼科系備品、低侵襲治療分野の内視鏡、サージカル備品などの売り上げが増加、増益転換したが、医療機器販売業界内の競争激化により売上高総利益率が低下したことなどが低利益進捗要因となった。5月通期業績は期初予想を据え置き、純利益は1億7700万円(前期比26%増)と増益転換を見込んでいる。株価は、昨年12月の第2四半期累計業績の上方修正で1246円まで上ぶれたものの戻り売りも交錯し高値もみ合いが続いている。再度の下値確認も想定される。

記事中の会社を詳しく見る

山下医科器 (3022)

ページトップ