きょうの動意株

三越伊勢丹続伸、早くも「勝ち組」の見方が強まる

3099 三越伊勢丹ホールディングス 株価チャート

 三越伊勢丹(3099)が38円高の1102円と続伸、年初来高値を更新。これまでの高値は5日の1077円。同時に2008年10月以来となる1100円台に乗せた。最近発表の3月の月次売上が注目されている。対前年比で三越が8.4%減、伊勢丹で2.0%減だった。しかし、この点については、「伊勢丹は昨年11月から全国百貨店平均を上回るものとなっている点が評価できる。今後、三越も伊勢丹流の改善による効果が期待できるだろう。そうなれば、三越伊勢丹全体としては、業界、勝ち組の印象が強まる」(中堅証券)ということだ。百貨店の地盤沈下がいわれる中で、「百貨店は単なる物品販売ではなく、地域の文化発信の役割も担うことが期待される。競争は激しくなるだろうが、三越伊勢丹は、むしろ先行き存在感を高めることが期待される」(同)。つまり、先行きの、勝ち組としての期待料が株価に織り込まれつつあるというわけだ。

記事中の会社を詳しく見る

三越伊勢丹 (3099)

ページトップ