きょうの動意株

島忠は業績下方修正で2ケタ減益転換と悪化して続落

8184 島忠 株価チャート

 島忠(8184)は83円安の1949円で前引けとなり続落。前日13日に今8月期第2四半期(2Q)累計決算を発表、期初予想を下ぶれて2ケタ減益と続落し、8月通期業績も下方修正して減益転換することが響き利益確定売りが先行となっている。同社の2Q業績は、売り上げが期初予想より12億円、利益が14-9億円下ぶれ、前年同期比3%増収、18%経常減益、20%純益減益となった。昨年12月にホームズ中野本店を開店したが、生活防衛意識・節約志向の高まりでリビング家具やDYI用品、レジャー用品などは堅調に推移してが、収納家具、ダイニング家具、ベッドなどが前年同期を下回り減益転換した。2Q業績の下ぶれから8月通期業績を下方修正、期初予想より売り上げを35億7600万円、経常利益を29億500万円、純利益を18億6700万円それぞれ引き下げ、純利益は57億8700万円(前期比12%減)と連続減益を見込んでいる。株価は、今年1月開示の第1四半期決算が2ケタ減益・低利益進捗率となったことを嫌って1742円まで急落、下げ過ぎ訂正でリカバーした。下値再確認が続こう。

記事中の会社を詳しく見る

島忠 (8184)

ページトップ