きょうの動意株

イオンは高値窺う、業績続伸予想で売り方の買い戻し加速

8267 イオン 株価チャート

 イオン(8267)は朝方18円高の1105円まで上げた後も堅調で続伸、前引けも1095円となり、今年4月5日につけた昨年来高値1119円を窺っている。前日14日に開示した前2010年2月期決算が、今4月8日の一転した上方修正通りに増益転換・純益黒字転換して着地し、今期も続伸と予想したことから売り方の買い戻しが加速し下げ過ぎ訂正が続いている。同社の前期業績は、前々期比3%減収、3%経常増益と持ち直し、純利益は、311億2300万円(前々期は27億6000万円の赤字)と大幅黒字転換した。総合スーパー(GMS)を中心に在庫圧縮、人件費・家賃低減、プライベートブランド拡大などの収益構造改革が着実に進み、純利益は、退職給付制度改正に伴う特別利益や最大のアキレス腱だった米タルボット社の全株式譲渡が実現、法人税等調整額を計上したことで黒字転換した。今期は、GMS4店(前期実績3店)を新規出店するほか、中国・アセアイン事業も合計7店(同6店)も新規出店して強化することなどからレンジ予想で続伸を見込み、純利益は320ー380億円(前期比2-22%増)と予想した。株価は、国内証券の投資判断引き上げやグループ企業の再編、さらに8日の前期業績増額・期末記念配当増配がオンして昨年来高値まで買い進まれ、1株純資産水準を固めている。投資採算的に割安感は小さいが、株不足で逆日歩のつく信用好需給主導で水準訂正が続こう。

記事中の会社を詳しく見る

イオン (8267)

ページトップ