きょうの動意株

主力のトヨタ自動車は3日続落、円高と決算発表待ち

7203 トヨタ自動車 株価チャート

 主力株のトヨタ自動車(7203)が、60円安の3635円と3日続落。とくに、これまで3750円を挟んだモミ合いに推移していた水準を下へ放れてきた。円安傾向にも支えられて4月6日に3830円と戻り高値をつけていた。その円安の動きに歯止めがかかり円高傾向となってきた。もっとも、リコール問題表面化でつけた安値3195円(2月4日)から戻り高値まで約2割上昇。「世界的な大きな問題だった割には戻りは大きかった」(同)ことに対する調整感もあるようだ。とくに、これから発表される10年3月期の営業利益が赤字見通しだけに上値を買うには抵抗感はあるということだ。11年3月期の業績がどのていどの回復となるか。発表予定の5月上旬が間近に迫っている中で、予想数字に対し思惑を張るのはリスクが大きい。一般個人は3500円割れあたりを目安に突込み買いがよいだろう。

記事中の会社を詳しく見る

トヨタ (7203)

ページトップ