きょうの動意株

カシオが上値追う、携帯事業への期待と目標株価引き上げ好感

6952 カシオ計算機 株価チャート

 カシオ計算機(6952)が4日ぶりに堅調。後場寄り後に再び上値を試し、718円(23円高)をつけて前場の高値を抜く強さとなった。直接の手がかりは、シティグループ(8710)のシティグループ証券が投資判断を「1M」(強気)継続のまま目標株価を750円から810円に引き上げたと伝えられたことがあるが、日立製作所(6501)、NEC(6701)と進めている携帯端末事業の統合を、海外での競争法に関連する審査を理由に1カ月順延と昨20日発表したことで、統合後は影響力の大きいビジネスになるとの思惑が出ている。カシオ計算機の携帯端末事業は、すでに合弁会社・カシオ日立モバイルコミュニケーションズで展開し、米国のベライゾン携帯などに耐衝撃タイプなどを納入。国内でも高解像度撮影タイプなど、特色ある製品を出している。これにNECの事業と6月1日に統合するとした。株価は2010年3月期の大幅赤字予想を織り込み、2月初につけた617円を安値として立ち直り途上。ここ約1カ月は出直り後の一服といえるトレンドでおおむね700円~750円の間でもみ合っており、このゾーンを抜け出す時期が注目されている。

記事中の会社を詳しく見る

カシオ (6952)

ページトップ