きょうの動意株

ネットワンは急伸後の一服、クラウド関連人気に決算先取りも

7518 ネットワンシステムズ 株価チャート

 ネットワンシステムズ(7518)の前引けは13万7300円(300円安)となり小反落だが、昨日7000円高と急伸した後だけに底堅さが目立つ。野村証券が、今年4月16日にクラウドコンピューティングとスーマトグリッド関連株を組み入れる株式投信を設定したことから関連株思惑が高まっており、同社も、4月8日にそれまで下方修正続きだった2010年3月期業績を上方修正したことから4月30日予定の決算発表への期待感もフォローしている。もともと同社は、米シスコシステムのルーターなどのネットワーク機器専業商社だが、クラウドコンピュータでは、2008年8月に34%出資したクラウドサービスの先駆者であるエクシード(東京都渋谷区)の株式を今年2月に追加取得、51%に出資比率をアップさせクラウド事業戦略展開を強化している。一方、3月期業績は、企業のIT投資抑制と公共向け価格競争激化などで昨年10月、今年2月と2回下方修正したが、4月にIT投資の一部回復から一転して上方修正、減収減益率を縮めて純利益は25億円(前期比48%減)とした。このため4月30日の決算発表に注目が集まっている。株価は、2月の業績再減額でつけた昨年来安値9万500円から底上げしており、決算動向次第で一段の戻りを試す展開も想定される。

記事中の会社を詳しく見る

ネットワン (7518)

ページトップ