きょうの動意株

日東電は好決算発表で割安ハイテク株買い厚く下値が固い

6988 日東電工 株価チャート

 日東電工(6988)は一時110円安の3585円まで下げ、前引けは85円安の3610円。4月初から続く高値圏でのもちあいを保ち底堅い動きとなった。30日に発表した前3月期・今3月期の好決算を手掛かりにハイテク関連の割安株買いが下値を支えた格好。同社の前期業績は、今年4月23日の観測報道通りに今年1月の再上方修正値を上回り前々期比4%増収、4.0倍営業増益、3.9倍経常増益と急回復し、純利益は375億7000万円(前々期は2億6700万円の黒字)と高変化した。薄型テレビ、パソコン、HDD(ハードディスク・ドライブ)の生産台数の拡大したことから光学用保護フィルムやシーリング材料が好調に推移し、液晶テレビ向けの液晶表示関連材料や携帯電話タッチパネル用の透明導電性フィルムなども順調に拡大、自動車向けでもハイブリッド車増産で電気絶縁材料が堅調に推移したことなどが上ぶれ着地につながった。今期も、全商品とも好調をキープして増収増益を見込み、純利益は440億円(前期比17%増)と高変化する。株価は、前期業績の上方修正にエコポイント関連人気が相乗して昨年来高値3885円まで買い進まれ、今年1月の前期業績の再増額では材料出尽くし感から3215円まで調整、再度、高値を窺っている。PER13倍台の割安修正に再発進しよう。

記事中の会社を詳しく見る

日東電 (6988)

ページトップ