きょうの動意株

フォスターは連続最高益・増配で下げ過ぎ訂正加速し反発

6794 フォスター電機 株価チャート

 フォスター電機(6794)は108円安の2439円で前引けとなり3営業日続落だが、下げ過ぎ訂正買いの動き。前週末7日に3月期決算を発表、前期業績が今年1月の再増額値を上ぶれ、今期純利益も連続の過去最高更新と予想、さらに配当も連続増配することから、売り物を拾う雰囲気となった。同社株は、今年1月に前期業績を再上方修正し昨年来高値に迫る2842円まで買い進まれたが、3月2日払い込みで実施した自己株式処分(処分価格2174円)を嫌って400円安、半値戻し水準でもみ合っていた。同社の前期業績は、前々期比13%増収、4.0倍経常増益、3.3倍純益増益とV字回復し、純利益は2期ぶりに過去最高を更新した。米アップル社のiPhone向けヘッドホン、ヘッドセット、薄型テレビ用スピーカの出荷が好調に伸びて、韓国子会社の業績も堅調に推移、ベトナムの生産拠点増強や経費節減、資材費削減などの原価改善活動も上乗せとなったことが要因となった。今期も、引き続きアップル社向けが好調に推移することから増収増益を予想、純利益は60億円(前期比4%増)と前期の過去最高を更新する。配当は、前期に46円(前々期実績30円)に増配したが、今期はさらに56円に引き上げる。PER9倍台の下げ過ぎ訂正で昨年11月の昨年来高値2920円奪回を目指そう。

記事中の会社を詳しく見る

フォスタ電 (6794)

ページトップ