きょうの動意株

アスカネットは今度は通期業績を上方修正し急反発

2438 アスカネット 株価チャート

 アスカネット(2438・M)は前場、一時8900円高の5万9600円まで急伸し、前引けも4200円高の5万4900円と8営業日ぶりに反発。前日24日に今4月期通期業績の上方修正を発表、昨年11月の第2四半期(2Q)累計業績の株価急伸を連想し、割安株買いが再燃している。同社の今期通期業績は、期初予想より売り上げを2億7900万円引き下げたが、逆に経常利益を5400万円、純利益を3200万円それぞれ引き上げ、純利益は、3億5900万円(前期比19%増)と増益転換率を拡大し、2008年4月期の過去最高にあと400万円と迫る。遺影写真などのメモリアルデザインサービス事業は堅調に推移したものの、個人向け写真集などのパーソナルパブリッシングサービス事業が低迷、海外市場も低価格化の影響があり、売り上げは下方修正となったが、利益は、高付加価値製品の投入や生産性向上による粗利率の維持、広告宣伝費や販売促進費の効率的な支出などが相乗して上方修正につながった。株価は、2Q業績増額で22%高と好感高を演じており、PER6倍台、PBR0.9倍の割安修正に走ろう。

記事中の会社を詳しく見る

アスカN (2438)

ページトップ