きょうの動意株

石川製作所は4日続伸、朝鮮半島緊張で全般安の中で気を吐く

6208 石川製作所 株価チャート

 朝鮮半島の軍事緊張で石川製作所(6208)が9円高の120円と4日続伸。全般安の中で気を吐いている。韓国の哨戒艦撃沈で、韓国が北朝鮮を強く非難。軍事境界線において、これまで止めていた拡声器による北への非難も再開。これに対し、北朝鮮は拡声器への発砲も辞さない構え。一方、アメリカは、取り下げていた北朝鮮のテロ国家指定を再び復活、北からの軍事侵攻に備え韓国を全面支援する姿勢を打ち出している。「恐らく、もう一度、事が起これば全面的な軍事衝突になることは避けられないだろう。かつては、朝鮮特需が発生したが、今はミサイルが飛んで来る時代。今度ばかりは、戦争は買いというわけにはいかないだろう。ただ、同社のような機雷、爆雷など防衛機器を手がけているところは注目される」(中堅証券)。120円台の水準は今年4月13日以来で、その時につけた高値126円を抜くと200円前後までは上値のフシはない。軍事衝突はあって欲しくないものの、今の日本の政治力では防ぐことは困難。日本海沿岸の原子力発電所施設の防御に力をいれるより仕方なさそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

石川製 (6208)

ページトップ