きょうの動意株

ユニダックスはTOB価格にサヤ寄せしストップ高買い気配

 ユニダックス(9897監理)も寄り付きから買い物を集め、9時45分にはストップ高買い気配となる80円高の532円買い気配まで急続伸。前日25日にアヴネット・イーエム・ホールディングス・ジャパン合同会社(東京都港区)が、同社株を株式公開買い付け(TOB)すると発表、同社の賛同意見の表明と株主への応募推奨を取締役会決議したことから、TOB価格720円へのサヤ寄せ思惑を強めて買い増勢となっている。公開買い付け者は、世界最大級の電子部品商社でニューヨーク証券取引所に上場されているアヴネットが、TOBのために設立した子会社で、日本市場で輸入半導体をコアを主要電子機器メーカーを顧客に独立系エレクトロニクス商社として成長・発展してきたユニダックスを完全子会社化し、世界最大のマーケットの一つに日本市場での規模拡大、両社の技術・経営効率の相乗効果により付加価値をさらに拡大することを目指してTOBを実施する。買い付け期間は5月26日から7月15日までの37営業日、買い付け株式数は1793万2595株、買い付け代金は129億1146万円を予定、買い付け株式数に上限を設けていないため、TOB後に上場廃止になる可能性があるとしている。

ページトップ