きょうの動意株

大崎電が大幅続伸、日立と提携スマートグリッド人気再燃

6644 大崎電気工業 株価チャート

 大崎電気工業(6644)が買い気配で始まり、一時45円高の738円まで上げて前引けも734円と大幅続伸。前日26日に日立製作所(6501)と次世代電力網(スマートグリッド)関連事業で協力関係を構築すると発表、スマートメーター関連人気を再燃させ、下げ過ぎ訂正が増勢となった。スマートグリッドは、低炭素社会実現に向け風力発電や太陽光発電などの供給多様化とオール電化、電気自動車システムなどの需要の広がりとのバランスを取り、フレキシブルに電力供給を制御するために導入が進められいる。日立は、電力システム全般で豊富な実績、技術、ノウハウを保有しているが、スマートグリッドの中核技術となる先進的自動検針インフラの開発のため、大崎電が開発、欧州市場で発売している通信機能付電子式電力量計(スマートメーター)で提携し相互補完・相乗効果を高める。大崎電の株価は、スマートグリッド関連の先行人気で昨年7月に1096円高値まで買い上げられたが、業績そのものは住宅投資低迷の長期化で伸び悩んだことから調整局面入りとなり、今3月期業績の続落予想が市場コンセンサスを下回るとして675円まで突っ込んだばかりである。PER的に割安感は小さいが、PBRは1倍ソコソコとなっており、下げ過ぎ訂正が続こう。なお日立も前引けは1円高の361円と続伸している。

記事中の会社を詳しく見る

大崎電 (6644)

ページトップ